フリーランスで働く為に必要な物

企業に直接雇われずに、様々なクライアントから仕事を請け負う働き方であるフリーランスは、企業が業務の一部をアウトソーシングを行うという用途にもマッチします。個人がフリーランスという働き方を行っていく為には、様々な準備をしなければいけません。



個人事業を行う為に、税務署に開業届を出しておけば、事業主として法的に宣言出来るようになります。



確定申告の際に青色申告で行う際にも、開業届を出しておく事で申告が出来るようになり、色々な控除を受けられるようになります。

確定申告をする時には、正しい収入状況を記載する必要がありますので、日頃からクライアントから貰った収入と仕事に掛かった経費を会計ソフトなどを使って記録していくと良いです。
確定申告に必要な物を用意する時に、その負担を軽減出来ます。
フリーランスは、事業主に直接雇用されませんので、社会保険関連も自分で手続きや保険料の支払いをしていく必要があります。

フリーランスの場合は、国民年金保険と国民健康保険に加入します。もし、収入が安定していない場合は、免除や減免制度を使う事で保険料を減らす事も可能ですので、別途その手続きをしておいても良いでしょう。クレジットカードなどは、ある程度の収入にならないと審査で落とされてしまう可能性がありますので、現在企業に直接雇われているのであれば、その間にクレジットカードを作ってしまうのが良いです。

会社を辞めてからも継続して使う事ができ、審査で落とされるリスクを大幅に軽減出来ます。