フリーランスの魅力と罠

フリーランスの魅力は、比較的時間に縛らせず、自分の取り組みたい仕事を選べるところにあります。

「ノマドワーカー」という言葉も、かなり知られるようになってきましたが、フリーランスを名乗る人々は、毎日同じ時間にオフィスの机に向かって仕事に取り組む仕事とは、違った自由さを保持しています。



複数の名刺を使い分け、得意とするスキルを活かして、様々なジャンルの仕事に取り組んでいる人もいます。



会社の名前に縛られるのではなく、個人の名前を武器に仕事に臨めるとも言えるでしょう。

同じジャンルの仕事であっても、その仕事を受けるかどうか自らで選択することができます。



会社に所属している場合、避けようのない、人事異動にさらされることもありません。

また、会社員にとっては、なかなかとることが難しい長期休暇をとりやすい環境だとも言えるでしょう。

ただし、その自由を得ることは、社員であれば享受できる福利厚生を、自らで補わなくてはならないことを意味しています。


保険には自ら加入する必要があり、体調を崩して仕事を受けられなくなったときも、フリーランスには有給休暇をという概念はありません。

自由を得る代わりに、自分自身でタイムマネージメントをしなくてはなりません。


フリーランスの仕事は、人との繋がりに大きく依存しており、一度信頼を失うようなことがあれば、仕事を完全に失うくらいの覚悟が必要です。

フリーランスに向いているのは、自由を謳歌しながらも、自分自身を律せる人と言えるでしょう。